―――学科紹介―――――

写真をクリックすると大きくなるよ!!

一年生

 機械、電気・情報、化学の分野を実習を通して幅広く学ぶことができ、1年かけてじっくりと自分に合ったものを見つけることができます。

 

二年生

 2年の後半から進路を見据えて各分野に分かれ専門的な知識・技術を身につけます。主に、機械系、電気・情報系、化学系、に分かれます。

 

三年生

2年に引き続き各分野に分かれ、更に専門的な知識・技術を身につけます。

・機械系は2年生で機械工作、機械製図、3年生で機械設計を学びます。
機械工作は材料の加工等について学び、機械設計は物体にかかる応力やねじ等を学びます。
 実習では、CAD製図やスターリングエンジン、板金加工としてちりとりを作り東北被災地に寄贈しました。
 とくに機械系では、技能検定であるテクニカルイラストレーションを受けることができ、また機械製図検定や初級CAD検定などほかのコースよりも資格取得ができます。     

(1番左)

・電気系は、2年生で学んだ直列回路から、家庭で使用されている交流回路の学習もします。
 交流回路を学ぶには、直列回路の知識も必要になります。
交流回路には単相や三相と、応用したものがあり、社会に貢献できる分野を勉強しています。

(左から2番目

・情報系は二年生までに習ったアセンブリやBASICの経験を活かしてC言語の習得をします。
 C言語は様々なプログラムを組むのに使われていて今のうちに習得するととても便利です。
 C言語の種類としてはC・C++・C#等がありそれの基本となるCの勉強をしていきます。

                                   (右から2番目)

・化学系は2年生で工業化学と地球環境化学、3年生で工業化学2を主に学びます。また、2年生で滴定の実習を行い、3年生で物質の合成の実習を行います。
 危険物取扱い者の資格が取りやすいです。

                    (1番右)

―――大学――――――――

 数理工学科では進学を目指している人に、大学見学を行っています。
実際に施設を見学したり、模擬講義を受けたりすることで大学への理解を深めることができます。
 様々な大学を見学することができるので、自分の行きたい大学を時間をかけて選ぶことができます。

 

 研究室に入って大学の高度な研究を目の前で見て質問することができ、 自分の進みたい分野への理解・関心を深めることができます。また、研究室を覗く事によって大学を選択する材料になります。

 

 

―――科長から―――――――

 数理工学科は、平成7年に全国初の学科として産声を上げました。
工業高校=就職というイメージの打破、または、自分の適性にあった学科を選ぶことが難しいという中学生の声により設置されました。
 卒業生も16期生を輩出し、多くの国立大学、私立大学への進学者を送り出しました。
また、就職先についても、トヨタ自動車、東京電力等の大企業への就職についても実績も重ねてきました。
 普通高校の理系コースに類し、工業高校の充実した設備を活用することにより、机上での学習だけに終わらず、実験を中心に体験学習を行い、興味・関心をより明確にすることができました。
自分が学びたいことが分かり、進学してから何を学ぶべきなのかを十分理解した上で進学することができ、ミスマッチを防ぐ大きな功績をあげています。
 数理工学科は、従来の入学前に科を選ぶのではなく、入学後に、機械系、電気情報系、化学系を体験してから、自分の学びたいコースを選べることが大きな利点となっております。
 また、工業高校等に限られた専門高校枠の大学入試を活用して国立大学等の難関校への進学実績も挙げております。

 

ページトップに戻る