沿革

昭和13年 4月 9日

昭和14年 3月 3日

東京人絹株式会社が東海工業学舎として設立

乙種工業学校として認可され、田子浦工業学校と改称

昭和31年 1月21日

昭和32年 1月 1日

 

 

 

 

昭和32年11月 6日

昭和33年 9月 2日

 

昭和34年 2月19日

昭和35年 4月 1日

昭和38年 4月 1日

昭和38年 7月15日

静岡県産業教育審議会の建議に基づき、本県東部西部に工業高校各1校の増設認可

静岡県立吉原工業高等学校として開校、旧私立田子浦高等学校を仮校舎として開校
設置学科及び生徒定員
      機械科    80人(2学級)×3学年=240人
      工業化学科 80人(2学級)×3学年=240人
                          合計 480人

新校舎建設地(旧吉原市比奈2300番地)に整地作業完了

本館の一部と機械科実習棟の竣工
新旧両校舎で授業実施

本館残部の竣工により、1・2年生も新校舎に移転

電気科設置、定員240人、全校定員720人

機械科・電気科各1学級増、定員320人、全校定員960人

体育館兼講堂「齊藤記念館(現第2体育館)」竣工

昭和40年12月11日

昭和41年 2月28日

昭和45年 2月12日

昭和46年 3月 9日

昭和46年 4月 1日

齊藤記念図書館竣工

工業化学科実習室竣工

格技場竣工

鋳造実習工場竣工

電子科設置(電気科の1学級を電子科へ変更)

昭和55年 1月 8日

昭和55年 3月29日

昭和55年 9月10日

昭和55年10月20日

昭和56年 3月25日

昭和57年 4月 1日

昭和60年 2月20日

昭和60年 4月 1日

昭和62年 4月 1日

昭和63年 2月29日

大昭和製紙より土地9,372.0㎡買収

国有地5,943.47㎡買収

プール竣工

国有地138.35㎡買収

工業化学科棟竣工

本年度入学者のみ工業化学科1学級減、定員40人、全校定員920人

第1体育館竣工

学級数24、全校定員960人

電子機械科設置(機械科の1学級を電子機械科に変更)

新技術実習棟竣工

平成 元年  3月20日

平成 2年 3月31日

平成 3年 8月1~6日

平成 4年 4月 4日

平成 5年 4月 4日

平成 6年 4月 1日

平成  6年 6月~8月

平成 7年 4月 1日

平成 8年 3月21日

平成 8年 3月31日

平成 8年 4月 1日

図書館改修工事

第2体育館改修工事

平成3年度全国総合体育大会バトミントン会場

工業化学科1学級減、学級数23、全校定員920人

工業化学科をシステム化学科に改編

グランドの仮校舎で授業

旧校舎解体

数理工学科設置、電気科1学級減、定員280人、全校定員840人

新校舎竣工

第39回卒業生までの卒業生総数10,881人となる。

機械科1学級減、定員240人、全校定員800人

平成10年 4月 1日

平成14年 9月20日

平成15年 9月19日

平成17年 3月15日

平成17年 3月24日

全学年 定員240人、全校定員720人

格技場改修

図書館及び機械科実習棟耐震補強

第2体育館耐震補強

上水道切替工事

平成24年 1月31日

平成25年 12月3日

工業化学科実習棟、機械科鋳造実習室、プール付属棟耐震補強工事完了

自転車置場竣工

 思い出(旧校舎・昔話)