運動部



 高校野球において「甲子園」は、選ばれた者だけが立つことのできる夢の舞台です。しかし、チャンスは、全ての高校球児にあるのです。その目標を達成するために、日々練習に励んでいます。練習の目的は、大きく分けて二つです。

 一つは、言うまでもなく「勝つ」ことです。もう一つは「多少のことではへこたれない、強い精神力と体力を身に付けること」です。練習は決して楽なものではありませんが、目標を持ち続け、野球が好きな人なら、自分でも驚くほど上達します。また、チームワークを大切にする野球を通して得た人間関係は生涯の友人となります。高校生活は3年間です。何もしないで過ごした3年間と、一つのことをやり遂げた3年間では、大きな違いがうまれます。

 

ページTOPに戻る

 

 サッカー部は、年に3回の大きな大会があります。1月から2月にかけて新人戦東部地区大会(上位校は県大会出場権)、4月から5月にかけて高校総体東部地区大会(上位校は県大会出場権)、そして9月から高校選手権県大会が始まります。普通高校の3年生は、高校総体で引退してしまうケースが多いのですが、工業高校である本校は、9月の高校選手権県予選を高校3年間の最終目標に掲げ、日々練習に励んでいます。シーズンオフはありませんが、一歩ずつレベルアップしていきたいと思っています。

ドリブル練習

ページTOPに戻る

 

 

 本校剣道部は榛葉達也先生のご指導のもと、全国大会上位入賞を目指して稽古に励んでいます。早朝の稽古に始まり、放課後の部活動、合宿に遠征と日々精進しています。

ページTOPに戻る

 

 

 陸上部は、短距離、中長距離、投てきに分かれて練習しています。中長距離は秋の大会までは個人に合わせた練習、その後は高校駅伝に向けて練習をします。冬の駅伝が終わると走り込みやサッカーなどのレクリエーションを取り入れて練習します。大会では自己記録を更新できるように、また上の大会に出られるようにがんばっています。


ページTOPに戻る

 

 

 レスリング競技は、体重別で試合が行われます。そのため、体格によるハンディがなく、またほとんどの中学校で行われていないため、高校からゼロのスタートになります。陸上・水泳・球技・武道など様々な競技からレスリングを初め、数多くの先輩たちが全国大会で活躍し海外遠征もしています。自分の体格、スタイルで行えるので、大変楽しい競技であるといえます。

ページTOPに戻る

 

 

 テニス部は3面の照明付きコート(砂入り人工芝1面/クレーコート2面)を使用して活動しています。放課後の練習は、厳しいフットワークトレーニングから入り、基礎的な打球練習を通した後に戦術練習に入ります。大会は個人戦(シングルス、ダブルス)と団体戦があり、東部予選を突破し、県大会で勝ちあがることを目標に、日々練習に取り組んでいます。

ページTOPに戻る

 

 

 バドミントン部は、富士・富士宮地区に多くの優秀な先輩を排出している歴史と伝統に裏打ちされた部活です。平成3年の全国総体では、会場校になるなど、施設面でも充実した環境の元で毎日一生懸命練習に励んでいます。
 富士地区にはジュニアのサークルがあり、その経験者や伊東、中部の経験者と競っていかねばなりません。今までに経験者の入部はほとんどなく、ほぼ全員高校から始めた初心者です。それでも、高校総体予選で経験者を撃破し、県大会へ出場することは大変評価されると思います。中学時代の部活は、様々です。やる気とまじめにコツコツ取り組む姿勢があれば誰でもOKです。

 多くのみなさんの入部をお待ちしております。

ページTOPに戻る

 

 

 練習内容は各自のレベルに合わせた課題練習を中心として、基本動作を学ぶ基本練習、フットワークを強化する多球練習、正確さを向上させる一球練習、試合で勝てるようにする実戦練習を、大会までの日程を考えてバランスよく練習しています。

 目標は県大会出場常連校になり、県大会でも上位に進出できる力をつけることです。部員の中には中学校以前からの少年団経験者や中学校からの経験者、高校からの初心者と入部段階で様々なレベルに分かれているので、入部時の実力の違いが確かにあります。また、新入部員の数も毎年違います。そのため年度によって強い学年とそうでない学年に分かれてしまいがちです。そこで、どんな学年でも吉原工業卓球部として日々練習を積んで技術を向上させれば、毎年県大会に出場できるようになる、そして県大会でも雰囲気に飲まれることなく実力が発揮できる、そんなチーム作りを目指しています。

ページTOPに戻る

 


 バレーボール部は、選手12人とマネージャー1人で活動しています。高校のバレーは、中学のバレーと比較にならないくらいの高さとスピードが要求されます。練習の前後には筋カトレーニング、走り込みにも時間をかけ、足腰の鍛錬を行っています。そして、基本となるオーバーパス、アンダーパス、スパイクの練習はみっちり行います。特に粘り強いバレーを目指して、レシーブの練習は果てしなく統きます。
 バレーボールは、個人の力をチームの中でいかに発揮するかがとても大切です。そのため、練習中に大きな声を出すことを部員全員が心掛け、活気のある練習をしようと頑張っています。

試合前 チームメイトと士気を高める

練習風景

ページTOPに戻る

 

 バスケットボール部は35人で活動しています。
 活動はほぼ毎日体育館で行っています。インタハイ予選後は3年生が抜けて、1・2年生の新チームになりました。
 新チームになってからは1学期は走り込みを中心に行い、夏休みに入り基本練習を主にして、練習試合なども行っています。ここ数年低迷が続きましたが、今は「勝てるチーム」を目指してがんばっています。これから大会に向けて、基本練習に加え新たな練習が増えてきます。
 1試合でも勝てるようにがんぱりたいと思います。

主な試合
  4月 インターハイ予選
  8月 工業高校大会
 10月 選抜大会予選
  1月 新人戦予選

ページTOPに戻る

 

 

 夏・・・大会へ向ってギラギラ輝く太陽の下で
 冬・・・他校の仲間達とわいわい楽しく

年間予定
 (4月)  部活動紹介、富士富士宮地区合同練習、プール掃除、プール開き
 (5月)  東部短水路大会(富士水泳場)
 (6月)  インターハイ予選東部予選会(富士水泳場)
 (7月)  インターハイ予選県大会(富士水泳場)
 (8月)  新人戦東部大会(富士水泳場)、富士富士宮地区合同練習(富士高)、 富士市民大会
 (9月)  新人戦県大会(静岡西ヶ谷水泳場)、プール締め
 (10月  富士富士宮地区合同練習(富士水泳場:週3~4回)
 ~3月) 東部地区合同強化合宿(富士水泳場、富士ハイツ)

 1年中泳ぎ続ける水泳部!!
水泳部に関する質問は顧問まで、メールをお願いします。

ページTOPに戻る

 

 

部活動一覧へ